FC2ブログ
TopRSS管理
第1回 4コマバトル お題「闘い」 評価軸「warekara・ロジカル・笑い」
エイチシー氏によって提案された4コマ大会に向けて試験的に4コマバトルを行った。

お題「闘い」
評価軸「warekara・ロジカル・笑い」

制限時間:30分

【参加者】
・エイチシー
・ニャロメロン
・やまぽんぬ

【審査員】
・小林善二郎
・はらわたさいぞう
(画像クリックで拡大)

・エイチシー
HC 闘い


・ニャロメロン
ニャロメロン「闘い」


・やまぽんぬ
やまぽん 闘い



【審査結果】
・小林善二郎→「やまぽんぬ」
・はらわたさいぞう→「やまぽんぬ」

勝者:やまぽんぬ

【審査に及んで】
・1時間4コマ会(1h4d)は多様な価値を許容する4コマの表現の場であり、作品に優劣を付けなかった。
・新たな試みである4コマバトルは勝敗を決めるゲーム(遊び)であるから、審査を公正なものにするために、あらかじめ評価軸を限定した。
・参加者は何を審査されるかを踏まえた上で作品を作り、審査員は設定された評価軸のみに基づき厳正に審査を行った。

・今回は「warekara氏のように」「ロジカルであること」「笑えること」を評価の軸とし、優劣を判定した。

●小林善二郎の評価
*エイチシーへの評価
「ロジカルさは十分。わかりやすさもあった。面白さは理解できるが笑いの感情には結びつかなかった。

*ニャロメロンへの評価
「笑い度は十分。しかし、相撲取りのセリフ3コマ目でロジックエラーを起こしていた。(相撲取りとしてはこの状態がベストなはずなのに「食べすぎたー」)」

*やまぽんぬへの評価
「warekara氏的ロジカルさは十分。4コマ目も絵的にインパクトがあった。」

●はらわたさいぞうの評価
*エイチシーへの評価
「4コマ目の『やっぱり』の意味が『逆説(but)』なのか『再確認(as expected)』なのかで迷いが生じた 」

*ニャロメロンへの評価
・面白さが「論理的ではない」という点から生じているように感じた。

*やまぽんぬへの評価
・warekara氏の4コマを理解し、ロジカルに、かつ面白く描けていた。
スポンサーサイト
[2011/01/17 04:16] | 1h4b | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<第2回 1時間4コマバトル お題「エロ・シュール・音楽」 | ホーム | 第40回「邂逅」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1h4d.blog134.fc2.com/tb.php/46-4c20b24d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |